データセンター自体の安全を確認しておくことが重要

データセンター自体の安全を確認しておくことが重要

レディ

信頼性の高いデータセンターの特徴

データセンターそのものの建物が安全であり、耐震性や耐火性に優れていることが第一です。もちろん自家発電設備も整っており、停電など万一のライフラインの寸断にも、ある程度まで対応できることができます。セキュリティーも万全で、機密漏えいなどの事故が発生しないよう対策を講じます。サーバー本体に対するセキュリティーはもちろん従業員に対する教育も徹底しています。

データセンターが提供するサービス

データセンターが提供するサービスは多岐にわたります。一般的なものでは、自社保有のシステムをセンターへ預け運用も自社で行う「コロケーション」があります。設置場所だけをデータセンターが提供する方法です。
また、自社保有のシステムをセンターへ預けると共に、運用もデータセンターへ任せるという「マネージドサービス」もあります。こちらは人件費削等のコストカットを目指す企業に最適です。

データセンターを利用する企業が増えている理由

やはり、データ消失に対するリスクヘッジと取ることが一般的です。この他、システムサーバーは機器管理も難しく、環境を整えた専用部屋をつくることが必要です。また管理者として保守や更新などに専従する社員を設ける必要も生じます。企業内の省スペース化やコストカット、人件費削減といった効率化もデータセンターが解決してくれるからです。

データセンターとクラウドの違い

自社保有のシステムを預けるのがデータセンター

自社が確立したシステムをサーバーごと預け、運用管理を委託するのがデータセンターの仕組みです。「自社保有の機器があること」がポイントです。

システムを借り、データのみを預けるのがクラウドサービス

インターネット回線を通して、顧客がITサービスを利用する形態がクラウドサービスです。経理管理システムなどをクラウド化している企業も増えています。

データトラブルが起こる前の対策が重要

自社内でデータトラブルが起こるのは何らかの理由があります。すべてを万全にするには大きな費用がかかりますが、データセンターを利用することで、大きな費用をかけずに安全にシステム運用することが可能です。