データ送信サービスで仕事を効率化できる!

無料データ送信サービスと有料データ送信サービスの比較!

無料でも十分にデータ送信が可能です

無料データ送信サービスは広告収入をターゲットとしていることが多いのですが、50~75GBと大容量のデータを送信することが可能です。

有料版は拡張機能が利用可能です

月額料金がかかる有料版なら、複数名への同時送信やウイルスチェックといった拡張機能をすべて利用することができます。また送信ファイル保存サービスもあるため、使いやすいサービスとなるでしょう。

セキュリティーがしっかりしているところを選ぶ

大容量データ送信ができるサービスは、信頼できるサービスを利用することが大切です。セキュリティーがしっかりしているサービスであれば、不用意にウィルスをデータに乗せてしまう可能性もありませんし、情報漏えいのリスクも減らせます。

データ送信サービスで仕事を効率化できる!

男の人と女の人

無料トライアルの利用について

企業にとって、有料版データ送信サービスのニーズがあるか、費用対効果があるのかを確認したい場合には、無料トライアルを利用することをおすすめします。2週間程度の利用で感触を確認し、導入を決定できるメリットがあります。無料トライアル期間中は、機能制限が生じる場合がありますが、ほぼすべてのサービスが利用可能です。使い勝手が良いか、利用者にとって作業効率がアップできるサービスかをこの期間で検証していきましょう。

サービス内容に納得したら見積もりを依頼しよう

データ送信サービスを契約したい場合、特に有料サービスの利用を検討している場合には、資料請求を行うところから始めます。営業社員から説明を受けることも一案です。ここで機能面が企業のニーズにマッチしているか、このサービスの導入で社員の作業効率が上がるか、などを検討しましょう。サービスに納得したら、見積もりを依頼し、無料トライアルサービス等のお試し期間を経て契約をすることが一般的な流れです。