新着情報

データ復旧で諦めていた消失データを取り戻せる

社内

データセンターやデータ送信を利用するメリット

データセンターとは、企業が作成したITデータ保管するサーバーや、ネットワーク機器などを運用する、外部の施設を指しています。企業との契約により、サーバーを提供するほか、保守を行う役割を担っています。メリットは、企業内でサーバー保守の必要がない事の他、ITサーバー設置スペースを省けることなどが考えられます。またITエンジニアの雇用も割愛できるため、人件費節約にもつながります。

データ復旧業者の賢い選び方

データ復旧業者はこの数年で数がうなぎ上りに増えました。いつでも対応してくれる業者であることが一番の選択肢ですが、中にはデータから個人情報を盗む業者等も存在しています。業者を選ぶ時には「日本データ復旧協会」という団体に登録している業者に依頼することが賢い選択であると言えます。また、事前に見積もりを依頼することで業者とのフィーリングを確認することも一案です。

データを損失しても慌てない事が大切!

HDDがクラッシュするなどの突然のトラブルによりデータを損失してもあわてないことが大切です。日頃のバックアップデータがあれば、それまでのデータは取り戻すことができますし、バッチ処理前のデータも7~8割は取り戻すことが可能です。

データ復旧と修理の違いを比較

消失データの回収をすることがデータ復旧

データ復旧はHDDなどから消失したデータを安全に回収することを目的としています。機器の機能回復は二の次で回収データは、ファイルごと新しいコンピューターへ移植するなどの対処を行います。

機能回復を優先させるのが修理

修理は、機器の機能回復を優先させるための作業となります。そのことから、データが保持される確約はできず、修理完了後もデータ復元の可能性は低いとみられます。

[PR]パソコンのデータ復旧はプロにお任せ!
料金設定が良心的☆

[PR]データ復旧は専門業者にお任せ!
24時間電話相談受付中

[PR]通信回線を守るためにデータセンターを利用しよう
セキュリティ対策が万全

[PR]高品質なデータ送信サービス!
セキュリティ対策万全♪